自然科学写真の機材開発 ・ 撮影技法

SSPには機材に工夫を凝らし
自然科学写真を撮影している若き写真家が大勢います
試行錯誤の末、到達した貴重な機材をお見せします



自動撮影カメラによる定点撮影
 中田一真さん

このシーンを狙いすまして撮りました、というのは痛快だけど、自分が撮った写真に本人もビックリというのはもっと快感?
カメラをしかけた本人にも何が写るか分からない、ワクワク感満点の自動撮影システムを紹介します。

   

偏光顕微鏡で結晶を撮影する
 秋山 実さん

記録が目的の大半の顕微鏡写真とは異なり、秋山さんの世界は、「写真にする」ことにこだわった世界。
科学の世界を、一般の人に楽しく分かりやすく伝えます。
秋山流の、被写体の魅力追求の手法やアトリエを紹介します。

   

深度合成による高倍率撮影
 高嶋 清明 さん

高倍率撮影の際の深度合成は、今では一般的になりつつありますが、
実際に試すと、ブレなど高倍率特有の難題が立ちはだかります。
それらを1つずつ丁寧に解決し独自の世界を築きつつある高嶋さんの技術や手製の機材を紹介します。

   

魚眼レンズを使った広角撮影
 黒柳 昌樹 さん
 

魚眼レンズを使い、飛ぶ蝶の撮影をする黒柳さんの撮影スタイルは、片手撮りです。
まるでスポーツのような撮影は、練習のたまものです。
練習の仕方、被写体との距離感、太陽との関係など撮影法をご紹介いたします。

   

虫の眼レンズを使った広角マクロ撮影
(ドアスコープ編))
 尾園 暁 さん
 

虫の眼レンズには、ボードカメラレンズ使用のものと、ドアスコープ使用のものと、今は大まかにわけて2種類あります。
その内、尾園さんが使用しているのは、ドアスコープを利用した虫の眼レンズです。その機材と撮影技法をご紹介します。


   

虫の眼レンズを使った広角マクロ撮影
(ボードレンズ編)
 鈴木 格 さん
 

虫の眼レンズには、ボードレンズ使用のものと、ドアスコープ使用のものと、今は大まかにわけて2種類あります。
その内、鈴木さんが使用しているのは、ボードレンズを組み込んだ虫の眼レンズです。その機材と撮影技法をご紹介します。

   
 

   私の写真撮影技法
   マクロからミクロまで---- 自然科学写真協会(SSP)には、自然・科学写真分野で技を極めたプロ写真家や研究者などが多数在籍しています。
   そのなかで幅広く活躍中の一部会員に、撮影技法のノウハウ等を紹介してもらいました。

佐々木 崑

実戦クローズアップフォト
私が接写や顕微鏡写真を発表したのは、1963 年に「科学の色」、翌1964 年に
「科学の歳時記」を文芸春秋にカラー見開きで連載したのが、
微視の世界に関わる発表を始めた出発点である。
それまでは主として報道写真とスタジオ写真で、中でも
報道写真を主たる目的としていたのだが、ある時木村伊兵衛の勧めで…(続きを読む
秋山 実

偏光顕微鏡写真の撮影
顕微鏡といっても、それぞれの目的に応じた多くの種類があり、レンズや付属品、
照明方法など、多岐にわたる。私が主として撮影した作品は、
偏光顕微鏡によるものが多いので、それを主体に説明したいと思う。…(続きを読む
海野 和男

昆虫写真の撮り方
自分が思い描いていた風景を写真で写し取るにはどうしたらよいのか。
技術に頼ることなくふと思い付いたことをやってみたというのが、
海野流の撮影方法である。ここでは海野流撮影方法として3つの撮影法を紹介する。…(続きを読む
小桧山 賢二

マルチフォーカスの世界
人間の目と脳は、昆虫の全体像を理解していない。日常の中で目にする昆虫は、
美しいと感じようと醜悪に感じようと、”小さな生物”としてか認識されない。
また、電子顕微鏡に見る複眼や触覚も、非現実的なまでに拡大された”一部分”にすぎない。
通常の写真では、昆虫の全体にピントを合わせることは不可能である。…(続きを読む
 
   最新撮影技術レポート
・パンフォーカス撮影技法 デジタルコラージュ法の開発 小桧山 賢二
・干渉色撮影技法 アイデアと知識の融合 伊知地 国夫

Copyright (c)1999- SOCIETY OF SCIENTIFIC PHOTOGRAPHY. All rights reserved.