----デジタルな現実-----

小檜山賢二


人間の目と脳は、昆虫の全体像を理解していない。日常の中で目にする昆虫は、美しいと感じようと醜悪に感じようと、”小さな生物”としてか認識されない。
また、電子顕微鏡に見る複眼や触覚も、非現実的なまでに拡大された”一部分”にすぎない。
通常の写真では、昆虫の全体にピントを合わせることは不可能である。


そこで、デジタル画像によって、昆虫の姿を正確に拡大・再生することを思いついた。
昆虫の各部を20カッと以上も撮影し、デジタルデータに変換したポジフィルムをコンピューター上で合成する、という方法である。


被写体としてゾウムシが選ばれた理由は、この甲虫の持つ多様性にある。世界各地で確認されているゾウムシは6万種に及び、中にはユニークな擬態を見せるものも多い。
そうした多様性を持つ昆虫を、ゾウムシというひとつのグループとして捉える人間の認識にも興味をおぼえている。
ゾウムシの姿に見る多様性と共通性は、人間にとっての言語に相当すると思う。そこには、「ハードウェアで多様化する昆虫と、ソフトウェア=脳で多様化する人間」という図式が成立する。


芸術としての作品を意図しているわけではない。自然界の存在を、可能なかぎり“きれいに”見せようと思うだけである。このゾウムシを美しいと感じることは、自然の本質とは美しいものだ、と認識することにほかならないと考える。


マルチフォーカス写真作成過程

step-1

step-4
ストロボが取り付けられた一辺20cmほどの小さな撮影台で、ゾウムシを撮影する。
任意の部分にピントを合わせ、何十カットも撮影していく。
撮影したポジフィルムの中から20~30枚を選び出し、フィルムスキャナーでデジタルデータに変換する。
その画像データを、コンピューターに取り込んでい

step-2

step-5
ゾウムシの体長は、数ミリから30ミリ程度。被写界深度が浅くなるため、全体にピントの合った写真の撮影が不可能な、小さな被写体である。ピンが刺されている部分も、後の合成作業で修正が施される。 コンピューターに取り込んだ画像の中から、ピントの合っている部分を選んで切り取って いく。
それらの画像を合成した後、さらに調整、修正を加える。

step-3

step-6
被写体を固定してカメラ位置を変えていく場合と、スキャニングカメラの要領で、カメラ位置を変えずに被写体を移動させる場合がある。
前者ではパースのついた作品が、後者ではパースのつかない作品ができあがる。
プリントアウトされた段階では、A4サイズの作品となる


完成画像


(このページは小檜山賢二氏のご厚意で、氏のホームページから転載しました)

BACK

Photo and text: copyright (c) KENJI KOHIYAMA. All rights reserved.