----実戦クローズアップフォト-----
佐々木 崑
(Close-Up Technique 1)


私が接写や顕微鏡写真を発表したのは、1963年に「科学の色」、翌1964年に「科学の歳時記」を文芸春秋にカラー見開きで連載したのが、微視の世界に関わる発表を始めた出発点である。
それまでは主として報道写真とスタジオ写真で、中でも報道写真を主たる目的としていたのだが、ある時木村伊兵衛の勧めで、東京シネマという世界的にも勝れた科学映画会社で、スチール写真を手伝うことになった。

その映画会社では「生命シリーズ」という科学映画の製作が中心で、私が入社した頃は「生命誕生」という生命シリーズ中の、ニワトリの誕生までの生態を撮影して、時々映画の短い場面のラッシュ(試写)があり、なかなか興味深いのでできるだけ見ることにしていた。
何百倍という高倍率の顕微鏡的視野のカットが多く、よく説明を受けなければ、私には理解できないレベルの映像だったが、生命の誕生という地上最大のドラマに心を打たれ、なんとか誰にでも分かり親しめる映像がないものかと、折にふれて考えていた。


1966年頃には、今日ほど便利な器材はなかったので、自作したり、別のものを利用したり、改造したり、目的に合わせていろいろと工夫をしたものである。
その工夫がなければ撮影できなかったものも私の作品の中にはかなりあるのである。要は何かをものにしたいために工夫があり、これが又楽しみでもあった。
右の写真は、ライカR3モーター付きとライカ2型ベローズ、その先についている2個のリングは自家製で、前についているレンズはミノルタの引伸し用80ミリ、最小絞りF45の組み合わせである
カメラと器材についてはまだまだ工夫があるのだがきりがないので省略する。


沢山の方法と臨機応変ということもあるので、室内と野外での方法を写真で説明る。

 写真左は室内セット、左側はカメラ、中央は被写体の花、右側はバックの紙。
このセットに限らず野外でも、できるだけ左右の手を自由にする配慮が必要で(写真右)、ピント合わせとシャッターチャンスに素早くシャッターを切るためにストロボはフレキシブルに取り付け、照明角度などは固定する方法にしなければ動きのある生き物たちの撮影など、ストロボまで手持ちでは不可能になるからである(小動物など限る)。 野外でねばらなければならない時も同様にセットする。


NEXT

Photo and text: copyright (c) KON SASAKI. All rights reserved.